エクササイズダイエット

エクササイズダイエットと部分痩せ

洗顔石鹸と洗顔フォームの違い

どんな違いが、洗顔石鹸と洗顔フォームにあるのでしょう。洗顔フォームには洗顔石鹸に含まれていない合成界面活性剤が含まれているのでしょうか。界面活性剤とは、それぞれの状態では溶け合うことがない、水と油を溶かす効果があるものをいいます。皮膚にこびりついている汚れのうち、油を含むものは水に溶けず、本来ならば洗い流せないため、洗顔料には界面活性剤が必要です。洗顔フォームには、石油からつくった合成界面活性剤がよく使われているため、環境破壊や肌への負担が懸念されています。他の成分にどんなに肌に優しい成分が含まれていたとしても、合成界面活性剤が混入されてしまえばそれだけで肌を傷める要因となりえます。どちらも洗顔料ですが、洗顔石鹸のほうが肌への刺激はマイルドで済むとされています。界面活性剤にオリーブや花から取れる自然資源やリソースだけをうまく使っている場合が多いためです。ただし、洗顔石鹸の形状をしていても、合成界面活性剤を使っているような石鹸もあります。買い求める前には、どんな原材料かを確認する習慣をつけましょう。合成成分を材料とした洗顔フォームや洗顔石鹸は、敏感肌ですぐ肌荒れをする人以外でも、使わないほうがいい商品といえます。石鹸は美しい美白効果や効き目を強く求めているという人にもおすすめの洗顔料といえるでしょう。セラミド化粧品のかしこい選び方とは?


Leave a Reply

Your email address will not be published.